幸せますマラソン

10月22日(日)に開催する「幸せますマラソン」では、4回目にして初めて「ファンランコース」(6キロ)を新設しました。

でも、「ファンランって何?」と頭の中にハテナマークが浮かんでいる方が多いようなので、ここで改めてご説明します。

「ファンラン」とは、「FUN RUNNING」の略で、文字通り「楽しみながら走る」ことを目的としたランニングです。2012年にアメリカで始まり、すぐに日本にも広まったそうです。タイムを競うのではなく、一緒に走る仲間と写真を撮りながら走ったり、仮装やコスプレ、顔に奇抜なメークをして走ったりと、ある意味では「何でもあり」です。


昨年は「マリオ」も


よく探してみると…


では、コースを見てみましょう。スタートは、あの高低差98メートルもあって坂道が連続の「幸せますコース」(14・6キロ)と同じ防府天満宮です。そこから、幸せますコースと同じコースをたどっていきます。奈良時代に創建され、金堂は国の重要文化財に指定されている周防国分寺。江戸時代に山口県を治めていた毛利氏が、明治~大正時代にかけて作った毛利邸と、防府を代表する史跡を見ながら走れます。

タイムは関係ないので、走りながらこれらの名所で記念写真を撮ることもできます。健康と観光が両立できます!


スタートの防府天満宮


周防国分寺(夜景です)


毛利氏庭園(夜景です)


そして、ゴールは山口県立農業大学校(防府市牟礼)です。

一度でも「幸せますコース」に参加したことがある方なら分かりますよね。「幸せますコース」は、農業大学校へ至る坂道を上り切ったらすぐに下り、今度は近くの阿弥陀寺へ向かう坂道を登って下り、「やれやれ」と思ったらとどめを刺すような上り坂の連続(敷山越え)…。

これこそが「幸せますマラソン」の真髄でもあり、「えらい(山口弁で「きつい」「つらい」の意味)」ところでもあるわけですが、ファンランコースなら、一度、坂を上り切ったらゴールです(笑)。しかも、(繰り返しますが)タイムは関係ないので、疲れたら歩いて上っても構いません。目的は、ゴールすることです!


農業大学校


これなら、過去に「幸せますコース」を走って「えらいから、もうやめておこう」と思ったことがある方でも、気軽に参加できますよね(^-^)v

しかも、参加料は1人2500円で、「幸せますコース」に比べて1000円もお安くなっています! 300人の募集枠に対して、空きは十分あります(笑)。今すぐお申し込みを! なお、最終締め切りは9月28日(木)です。

○インターネットによる申し込みはこちらから>>ランネット「第4回幸せますマラソン」
○郵便払込取扱票のお問合せは>>防府商工会議所青年部まで(※専用の郵便払込取扱票でないと受付できません。コピー不可)


幸せますマラソン

会員専用

防府YEGについて

関連リンク

コンテンツに戻る

お電話でのお問い合せはこちら(月~金/10:00~17:00)

0835-22-4352