県青連

一夜明けて、2月17日(土)は岐阜市の岐阜メモリアルセンター(で愛ドーム)で、日本商工会議所青年部(YEG)第37回全国大会・岐阜かかみがはら大会の記念式典が行われました。

ピアノ演奏、合唱のアトラクションで開幕した記念式典。大会旗の伝達に始まり、日本YEGの吉田会長は「地域のことを忘れた企業に発展はない」と、YEG活動の意義を力強く語りました。三村日本商工会議所会頭、各務原YEGの田中大会会長ら主催者、岐阜県知事ら来賓のあいさつに続き、登録者数が6134人と発表されました。次年度開催地の宮崎YEGによるPRもありました。さらに、日本YEGの政策提言が三村会頭に手渡されました。






午後は、記念講演が行われ、商工会議所の創始者である明治の実業家・渋沢栄一の子孫で、投資会社社長の渋澤健氏が「過去から学び 未来を創造する」のテーマで話をされました。



講演会の後は、今春の卒会予定者の「卒業式」。会場を取り囲むようにずらりと並んだ旗の中で、hitomiさんのライブが行われ、会場のボルテージは一気に急上昇! その後は、各単会の卒会予定者がランウエーを歩きました。防府YEGからも4人が登壇しました。







最後は、防府から出向している日本YEGの古閑専務理事の司会で行われた解団式の様子を見学しました。

2日間で学ぶものがたくさんありました。岐阜の地で得た「パワー」「パッション」を8月31日(金)~9月1日(土)に防府で開催する「第36回中国ブロック大会防府大会」の成功につなげていきます。(広報委員会・吉野)












県青連

会員専用

防府YEGについて

関連リンク

コンテンツに戻る

お電話でのお問い合せはこちら(月~金/10:00~17:00)

0835-22-4352